三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックでお金借りる キャッシングのメリット

バンクイックでお金借りる 勤務先連絡について

 

 

・バンクイックのカードローンをデンタルローンで使う方は非常に多いです。
・銀行ならではの安心感
・金利1.8%−14.6%
・最大融資額500万円
・バンクイックは来店不要
・三菱東京UFJ銀行ユーザーに人気。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックで 融資 キャッシングのメリット

 

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックでお金借りる キャッシングのメリット

三菱東京UFJ銀行といえば日本を代表する銀行なのでカードローンを利用する時も安心感があります。

 

利用する時に安心感があるとそれだけ利用する人も当然増えてきます。

 

さらに三菱東京UFJ銀行のカードローンにはさまざまなメリットがあります。

 

まずお金を借りる時に重要となってくるのが金利です。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの最高金利は14.6%で消費者金融の18%よりはるかに低い設定になっています。

 

そのため利息も少なくなるので返済する時の負担が減ります。

 

銀行カードローンでキャッシング 融資に対応しているのも三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックのメリットのひとつです。

 

基本的にキャッシング融資に対応しているのは消費者金融です。

 

ただし、消費者金融では金利が高い状態でお金を借りる事になるのでできれば低金利でキャッシングしたいですよね。

 

しかし三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの場合は金利も低い状態で融資を受けられるので珍しいカードローンとも言えます。

 

ただし条件があって運転免許証を持参して店舗内に設置されているテレビ窓口で申し込まなければいけませんし、在籍確認なしでカードローン審査を行うことはできません。

 

審査に関しては個人情報の確認や在席確認などをして問題がなければすぐに通ります。

 

しかし問題があればテレビ窓口で申し込んでも融資を受けられるのが遅くなってしまう可能性はあります。

 

バンクイックに申し込んだ時の体験談

 

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックでお金借りる キャッシングのメリット

ビジネスとプライベートの両方で使っていたロードバイクという自転車が壊れてしまい、新しい物が必要になったので三菱東京UFJ銀行のカードローンの一つであるバンクイックに申込をしてキャッシングをしました。

 

バンクイックに申し込みをしようと思った理由ですが、三菱東京UFJ銀行の通帳を持っていてメインの銀行として使っていたこと

 

銀行のローンサービスなので安心して利用できると思いましたし、金利も納得できる数字だったこと、

 

キャッシング 融資に対応しているということが申込の決め手になりました。

 

在籍確認の電話は職場にかかってきて、他の係の同僚が電話を取りました。

 

私はたまたま席を外していて電話を取れなかったのですが、

 

電話をとった人には銀行カードローンのキャッシングをにおわせるようなことは一切言わなかったらしく、

 

「友人だと思われる方から電話がありましたよ」

 

と言われたので、同僚にはキャッシングサービスに申し込んだことは気づかれなかったみたいです。

 

後日三菱東京UFJ銀行へ寄ってテレビ窓口でローンカードの受け取りをして、そのままATMでキャッシングをしました。

 

バンクイックは本当にキャッシング融資ができたので便利だと思いました。

 

バンクイックの金利は他社より安い?大手銀行カードローン融資のメリット

 

バンクイックはその規模の大きさからメガバンクともよばれる三菱東京UFJ銀行が取り扱っている個人向けのカードローンの銘柄です。カードローンとはいっても銀行系から消費者金融系までいろいろと種類がありますが、消費者金融系は審査が迅速なことと引き換えに金利が高めに設定されているのに対して、銀行系では審査がやや厳しいかわりに金利が安く借りられたり、借り入れの上限額がかなりの高額まで設定できるといったメリットがあります。

 

バンクイックの場合もこうしたメリットは同様ですが、メガバンクの金融商品だけに一般の銀行よりもさらに優れた部分があります。バンクイックは年齢が満20歳以上、65歳未満の国内に住所をもつ人で、安定した収入があれば誰でも申し込むことができますが、その申し込みの方法はインターネットやテレビ窓口、フリーダイヤルなど多様な選択肢が掲げられています。特にパソコンやスマートフォンを使ってインターネットから申し込みをする場合や、銀行のATMコーナーにあるテレビ窓口を訪れて手続きをする場合には、ほかの方法よりも受付時間の制約が少なく、しかもカードの発行までのスピードも迅速です。

 

バンクイックで借り入れるときの利息にかかわる年間の金利は、最低レベルが1.8パーセント、最高レベルでも14.6パーセントとなっており、ほかの銀行が最低レベルでも軒並み3パーセント台から4パーセント台になっているのと比較すると、相当優遇されています。もちろん金利は最終的には審査によって個別に決められるほか、融資額に応じて決まる要素もあるので一概にはいえないものの、大手銀行カードローン融資ならではの低金利が適用されるのは大きなメリットです。バンクイックの利用限度額は10万円から最大で500万円までとなっており、このなかでも400万円を超える限度額が認められた場合について、年利1.8パーセントが適用される余地があります。

 

借り入れや返済は銀行内のATMのほか、全国各地にある提携のコンビニエンスストアに設置された端末から行うことも可能で、この場合の手数料はかかりません。コンビニエンスストアの場合はメンテナンスの時間帯を除いてほぼいつでも借り入れができるので便利です。返済額については公式ホームページのなかにあるシミュレーションのページで確認することができますので、申し込みをする前にこの機能を活用して目安を把握しておくと、メリットに対する認識も高まります。

 

 

バンクイックは即日融資不可になりました!審査は何日かかる?金融庁から御達しで厳しい融資

 

銀行系カードローンの中では比較的消費者金融系カードローンに近い存在の「バンクイック」は、さまざまな方法で契約することができます。といっても、現在あるほとんどのカードローン業者と極端に大きく違っているわけではなく、ごくごくありふれた形のシステムを採用しているカードローン業者です。ただし、バンクイックには特出するべき特徴が1点あります。

 

カードローンを利用する人の多くは、「即日融資」に期待をして申し込みをしています。

 

即日融資とは、カードローンの専売特許と言っても過言ではないサービスの名称であり、文字通り「申し込み当日中に融資を実現することができる仕組み」です。

 

たとえば、消費者金融系カードローンの中でも審査時間が短いものであれば、申し込み開始から融資完了までを1〜2時間程度で完結させてしまうこともできます。

 

もちろん、これは最短時間で手続きが滞りなく進んだ場合の話であって、利用者全員が同様の時間で完結できるというわけではありません。人によっては審査に時間が長くかかってしまうことがあったり、提出書類の準備で手間取ってしまったりするなどの可能性があるので、場合によっては1日以上時間がかかってしまうこともあります。

 

バンクイックに関して言えば、ほぼすべての申し込み方法で融資を受けられる可能性があります。

 

状況によって方法を選び分けることができれば尚更可能性が高まるため、

 

基本的な部分だけでも適切に判断できる程度の知識を身に付けておくことが大切です。

 

バンクイックの特徴である「テレビ窓口」は、いわゆる「自動契約機」と同じようなシステムです。

 

銀行振り込みの場合、平日15時を跨いだ振り込み依頼は翌営業日扱いとなってしまうため、場合によっては数日かかることもあります。

 

ただ、テレビ窓口(自動契約機)を利用した場合は「契約完了=ローンカード発行」となるため、その場で受け取ったローンカードを使用すればコンビニATMなどでいつでも融資を受けることが可能です。

 

つまり、安心してお金を借りれる方法なので、積極的に利用する人が大勢います。

 

 

バンクイックカード紛失後のカード再発行は何日かかる?手続きはめんどい?

 

バンクイックは大手都市銀行が提供しているだけに、低金利で利用目的を問わない便利なカードローンです。

 

しかしカードがあればいつでも好きなときに借り入れができるというこのメリットは、逆にカードを紛失してしまうとデメリットに変わることがあります。

 

バンクイックの専用カードは、銀行のほかにもコンビニエンスストアなどにあるATMから自由に引き出しができますので、もしも単なる紛失ではなく盗難の被害に遭っていた場合には、このカードで本人の知らない間に多額の現金が引き落とされてしまうことも想定する必要があります。

 

このためカード紛失後の手続きについては、ある程度は厳重になってしまうこともやむを得ない事情があります。

 

カードを紛失したことに気づいた場合は、いち早く第二リテールアカウント支店の専用フリーダイヤルに電話で連絡して、ひとまずカードの機能を停止してもらうことが先決です。これによってもしも盗難の被害があった場合の二次被害を防止することができます。

 

専用ダイヤルは毎週月曜日の深夜1時から早朝の5時までの時間帯を除いては、原則としていつでも受け付けています。

 

なおこの専用フリーダイヤルはバンクイックの緊急時専用としての位置付けで、一般的な銀行のキャッシュカードや通帳の紛失の場合とは電話番号が別になっている点は注意が必要です。

 

その後にカードの再発行の手続きとなりますが、フリーダイヤルでも案内されるとおり、いくつかの書類を提出しなければなりませんので、多少の手間がかかることは覚悟したほうがよいといえます。

 

この場合の書類は公式ウェブサイトからもインターネット経由でダウンロードでき、これをプリントアウトして必要事項をもれなく記入します。再発行の申込書そのものは住所などの個人情報と紛失理由などを記入するだけの簡単なものですが、これに本人確認書類として運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの写しをあわせて添付する必要があります。ほかにも暗証番号届出書がありますので、この機会に暗証番号もこれまでとは改めて万全を期しておくのが適切です。

 

これらの書類を郵送またはファクシミリで送付すると、折り返し新しいカードが簡易書留郵便で自宅に届くはずですが、通常この手続きには1週間程度の時間がかかるとアナウンスされています。もちろんファクシミリで送信すれば行きの分の郵送の時間がかからないため、多少は短縮されるはずですが、それでも数日はかかると考えるのが妥当です。

 

 

バンクイック増額審査時にもう一度在籍確認の電話はくる?会社にばれたくない

 

バンクイックを利用していて気になるのが増額申請をした時でも、もう一度在籍確認の連絡があるかどうかです。
一度在籍確認をしていて情報が変わっていないのなら在籍確認は不要だと考える方が多いかもしれませんが、一般的に在籍確認はあると考えていた方が良いでしょう。

 

増額申請の場合は利用実績や信用情報を照会して確認することになりますので、その時の利用状況によっては免除される可能性はありますけど基本的に在籍確認があると考えていた方が、万が一の時に対応することが可能ですし、バンクイックも不正がないかどうか確実に知るために確認をすることがほとんどです。

 

バンクイックでは増額申請があった時に住所や勤務場所が変更になっているかどうかは調べますので、その一環として在籍確認も行ないます。
もし住所や勤務場所が変更になっているにも関わらず、そのままにしていたら信用に傷がついてしまう可能性がありますので事前に電話の問い合わせやインターネットの会員ページから登録情報を変更しておく必要があります。

 

情報が異なっていたとしても、しっかりと調べますので問題はないと言えばないですが、信用の問題であり、不審に思われる可能性が高く、審査もムダに長引きます。
ちょっとしたラインにいる状態だと信用問題や利用実績が大きく影響してきますので合格していたものが不合格になるということも考えられるでしょう。

 

増額申請をする時に他社から新たに借り入れをしている状況だと審査結果に大きく影響します。
在籍確認はあくまでも確認のための連絡になりますからバレる、バレないといったことを心配してしまいますけどバンクイック側から考えれば当然の行為です。

 

在籍確認の方法も申し込んだ時と同じ金融会社を名乗って連絡をすることなく、個人名で電話連絡をしてきますので安心してください。
基本的には勤務先への連絡になりまして、普段から電話連絡がないと会社の人から怪しまれる可能性はありますけど、増額するにあたって仕方のないことと考えるしかありません。

 

もちろん電話連絡の日時などの配慮をしてくれる可能性がありますので事前に相談しておくと良いでしょう。
仮に増額申請が通れば、その日のうちから利用することが可能となります。

 

バンクイックで増額申請を合格するためには利用実績を積んで、他社からの借り入れやクレジットカードも含めて少しでも返済している状況が望ましく、登録情報は間違わないようにしてください。

 

 

バンクイックの返済方法は?お金を借りる前に返済シミュレーションをしておきたい

 

三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックは借り入れはもちろん返済も簡単に行えるのが特徴となります。

 

借り入れの時には三菱東京UFJ銀行、提携金融機関、そしてコンビニエンスストアのATMが使えるわけですが、返済も同じようにそれらを使って約定返済額を入金することになります。

 

もちろんそれ以外に希望した毎月の返済日に自動でお金を引き落とすサービスもあるので忘れやすい方はそちらを選ぶと良いでしょう。また利用金額ごとに定められている約定返済額以上の金額を返済すると早く返すことができます。

 

返済期日は2つの方法が選べますが、35日ごとの返済、もしくは毎月指定日返済となり、前者は借り入れてから35日以内に利用額ごとに定められた約定返済額を入金することで返済が完了しますし、後者は利用する方が任意で設定した指定日を返済日とする方法となります。

 

ちなみに35日返済で大きな金額を利用した際でも35日以内に一括で返済するということではなく、直近の返済日から数えて35日以内に利用残高ごとに定められた約定返済額を入金すればよいということですので長期返済を考えている場合でも安心なのです。そして毎月の返済日を指定する方法ではその返済日の14日以内に入金するとその月の返済は完了することになり、給料日前に何か臨時収入があった場合などでも返済を完了させることができるのです。

 

 

お金を借りた後の返済に関しては、やはり誰もが不安を感じるものです。今後返済していくにあたり一体どれくらい期間どれくらいの約定返済額を支払っていかなければならないのか。お金を借りるうえで非常に重要な要素となります。

 

バンクイックの場合公式サイト上にて返済シミュレーションを行うことができ、利用金額、利率、そして予定している返済期間を入力すると毎月あたりの返済金額が分かるのです。基本的に約定返済額以上のお金を毎月返済していけばその分早く返済が完了しますし、また金利の支払う総額も軽減させることができるのでできるだけ多めに返済していくのはおすすめではあるのですが、しかしそれだと負担感もかなり大きなものとなります。

 

負担をあまり感じずに毎月の返済を滞りなく行うにはある程度長い期間を返済期間に充てるか、もしくは安易に借り過ぎないことが大切で、そういった意味でも借り入れする前に返済シミュレーションを使って今後のことを考えるのはたいへん重要なことになるのです。