Mr.カードローンの手数料にメリットを感じて申し込んだ方の事例

 

・金利0.99%〜14.79%
・利用限度額最高1200万円
安心の低金利なので、金利で選ぶならMR.カードローンがおすすめです。

 

 

 

Mr.カードローンの手数料にメリットを感じて申し込んだ方の事例

 

最近友人が、住信SBIネット銀行によるMr.カードローンの申し込みをしています。

 

その方がなぜその商品を選んだかというと、手数料の安さです。

 

そもそも融資商品には、必ずと言って良いほど手数料があります。

 

ただそれも、各会社によって色々です。

 

それが比較的高めな会社もあれば、もちろんその逆もあるのです。

 

友人は、この銀行は後者のタイプだと感じ、いろいろと調べた結果、ミスターカードローンを選択したということです。

 

確かにこのミスターカードローン、住信SBI銀行のキャッシングは、手数料は非常にリーズナブルです。

 

他の銀行カードローンよりも手数料がリーズナブルなので、とても良いと感字られたというわけですね。

 

またこの銀行の場合は、証券口座があります。

 

その口座を持っておけば、手数料が0.5%ほど低めになります。

 

そのようなサービスを提供している銀行は、確かに珍しいですね。その0.5%分の割引が大きいので、

 

上記の方は申し込みをしていらっしゃったようです。ちなみに証券口座を保有する分には、特に料金がかかりません。無料です。

 

それでその方が申し込みをした所、特に問題なく審査に通っていたようですね。ちなみに会社員の方です。

 

上記の方と同じ事を考えている方は、世間では多いと思います。手数料を抑えて融資を受けたいと考えているならば、確かにオススメですね。

 

 

今後変化する可能性はあるMr.カードローンの金利

 

基本的に金融商品の金利というのは、変動する特性を持っています。

 

カードローンなど融資商品なども、そのような一面がありますね。

 

一時期は、金融商品の金利はやや高めでした。

 

以前の金利は、20%台などになっていたのです。

 

しかし最近では色々な理由があって、その金利もだいぶ下がってきています。

 

現に現在では、ほとんどの金融業者の年利は18%前後になっていますね。

 

住宅ローンが顕著な事例ですが、数パーセントの金利という銀行がほとんどです。

 

遅延損害金などが発生しても、最大20%になります。

 

つまり融資商品の金利は、変動する性質を持っている訳です。

 

ところで住信SBIネット銀行によるMr.カードローンの金利ですが、現在かなり低めに設定されている状況です。

 

何せ一番高くても14.8%以下になるので、他の金融機関などと比べてもかなり低めです。

 

他社の銀行と比べても、やや低めな水準ですね。

 

ただし上記の数字は、変更する可能性はあります。前述のように金融商品の数字というのは、情勢によって変化する事が多いからです。

 

現時点では14.8になっていますが、今後の情勢次第では上がる可能性はありますね。

 

逆に緩和などが発表されれば、今後下がる可能性もあるのですが。現時点では、それは見えない状況です。

 

ただ現時点では、少なくとも他の銀行に比べれば住信SBIネット銀行は低めと言えるでしょう。