千葉銀行カードローンで安心な融資は可能か

千葉銀行カードローンキャッシングは可能か?ちばぎんは安心

 

 

・千葉銀行 金利1.7%−14.8%

 

・最大800万円まで借り入れ可能

 

・担保、保証人不要

 

・提携コンビニATM(セブン銀行・イーネット・ローソン・ゆうちょ銀行・イオン銀行)で利用可能

 

・ちばぎんなら来店不要

 

・安心の銀行カードローン(多目的ローン)

 

 

千葉銀行カードローンのクイックパワーアドバンスではインターネットで24時間365日お申込みが出来ます。

 

審査結果は最短で回答が出来ます。

 

審査に合格した後に郵送またはご来店で契約し、

 

契約後に自宅にカードが郵送され受け取りしたらちばぎんカードローンのご利用スタートです。

 

カードが自宅に届くまで日数が掛かるので、キャッシング即日融資は基本的には出来ない銀行のカードローンです。

 

キャッシング即日融資を受けたい時には不向きですが、何と言っても銀行のカードローンならではの低金利が魅力です。

 

消費者金融での金利は最大18%くらいの場合が多いですが、クイックパワーアドバンスなら最大で14.8%と3%以上低いです。

 

わずかなパーセンテージでも何度も借入を繰り返すとかなり差が出てくるので、普段からお金が足りなくなることが多い方はかなり節約できます。

 

借入や返済は全国の金融機関やコンビニなどの提携ATMから、またはインターネットバンキング・テレフォンバンキングでも行えます。

 

ご利用できるATMが全国にたくさんあるので出かけ先からでも困らないです。

 

専業主婦の方でも30万円までならご利用が可能です。

 

他の消費者金融のカードローンでは専業主婦の方はお断りされることが多いです。

 

キャッシング審査において不安なこと 在籍確認も怖くない

 

在籍確認とは カードローンを申し込み後、本当に職場に勤めているのかを確認するために、勤務先の固定電話にかかってくる電話のことです。

 

必ず職場電話連絡が必要というわけでは無く、カードローン会社の方針によるところが大きいです。

 

お金が必要だけど、同僚にバレるのは嫌だなと思う方も多いとおもいます。ですが、会社にはキャッシングの時だけではなく、

 

住宅ローンを組む時やクレジットカードを作る時にも、日常的にかかってきます。

 

電話をとる側としては、あまり気になりません。

 

クレジット会社名を名乗られたら困ると思いますが、プロミス、アコム、アイフルなどの代表的なクレジット会社では、

 

普通に個人名で「○○と申します。○○さんいらっしゃいますか」とかけてくる事がほとんどです。

 

クレジット会社を名乗ってしまうと、プライバシーの問題になってしまいますので、配慮してくれます。

 

在籍確認の電話がかかってきて聞かれる事は、本当に申告した会社に在籍しているかどうかを確認することが目的でので、

 

本人確認ができた時点で目的は達成しますから1分から2分程度で終わります。

 

どうしても在籍確認が困る方には、在籍確認なしでカードローンを利用できる会社もあります。

 

電話のかわりに社員証や社会保険証で確認ができるカードローン会社もあります。

 

カードローンの申し込みをすると確認として携帯電話に連絡がきますので、

 

「会社への電話が困る」ことを伝えれば電話なしで在籍確認を完了できるよう手配してくれるので安心です。

 

 

【千葉銀行カードローン以外のカードローンおすすめ】

 

ノーローン

 

SMBCモビット

 

プロミス

 

16銀行

 

ちばぎんカードローン審査について 在籍確認が不安?

 

女性はいくつになっても若々しく、美しいと思われたいものですが、そのためには高級な化粧品を購入したり、エステサロンや美容整形外科に通うなどのお金が必要になります。

 

ダイエットをするために、ヨガやスポーツジムに通いたいと考える人もいるので、毎月美容のためのお金がたくさんかかって、途中で足らなくなるという方もあるかも知れませんね。

 

そんなときはカードローンを利用すれば、足りないお金を補充できるので、困ったときはいつでも申し込むようにしてください。

 

千葉県周辺のエリアにお住いなら、信頼性が高い千葉銀行から借りればよいので、まずは公式サイトを訪問し、ちばぎんカードローンの10秒クイック診断から始めてみるようにしましょう。

 

簡単な4つの項目を入力するだけで結果が出るので、それで借入れ可能だと判断できたら、そのまま申し込みフォームに必要事項を記入し、送信するようにしてください。

 

ちばぎんカードローンを利用するために、わざわざ時間を作って、店舗まで出かけて行く必要はないので、自宅や職場などから、空いた時間にいつでも申し込むとよいでしょう。

 

状況によっては多少時間がかかることもありますが、ちばぎんカードローンの頼れる点はたくさんあります

 

なので、美容や健康のためにお金が必要になったら、利用することをおすすめします。

 

 

カードローンの申し込みを行うと、銀行であろうと、消費者金融であろうと、キャッシング審査が行われるので、それに合格しないと、融資を受けることは出来ません。

 

キャッシング審査では、信用情報機関に照会して、滞納などの履歴がないかを調べるなどの他にも、在籍確認が行われます。

 

勤務先に担当者が電話をかけて、そこで働いているかどうかをチェックすることを在籍確認といいますが、

 

そこできちんと働いていることがわかればそれでOKとなります。

 

勤務先が嘘でもない限りは、何も不安に感じることのない簡単な調査なので、

 

これで落とされる人はめったにいませんが、中には職場の人に融資を受けることがばれるのだけは避けたいという方もあるでしょうね。

 

普段から美容に気を使い、美しく見せようとしている人にとって、お金がないなんて思われるのは耐えられないことでしょうが、

 

在籍確認の電話で、借金の申し込みが知られることはないので安心するようにしてください。

 

千葉銀行は担当者名以外は名乗らず、銀行名を口に出すことはありませんから、その電話に誰が出ようと、ちばぎんカードローンの利用がばれるようなことはないでしょう。

 

 

大学生はちば銀行カードローンでお金借りれる?

 

学生でもちば銀行カードローンでお金を借りることは可能なのでしょうか?

 

銀行カードローンは学生の利用不可としているところが多いです。

 

勿論すべての銀行が学生の利用を不可としているわけではありませんが、学生が銀行カードローンを利用するにはややハードルが高いといえます。

 

ではちば銀行カードローンではどうなのでしょうか?

 

 

ちば銀行カードローンの利用条件は、満20歳以上で安定した収入があることとしています。

 

特に学生の利用がOKとも利用不可とも記載されていませんので、正直微妙なラインです。

 

ただ学生申込不可のところはハッキリと記載していますので、借りられる可能性はあると見て良いかもしれません。

 

 

学生がちば銀行カードローンの審査に通るためには、収入の確保が必要です。

 

安定した収入があれば返済能力があると判断され審査で有利となります。

 

とは言え、学生が正社員で働くのは無理ですから安定収入となるとアルバイトということになります。

 

学生アルバイトですと社会人並みに給料をもらうのが難しいです。

 

ただ安定収入=高額収入ではなく、毎月一定額の給料を貰えているかが重要となります。

 

 

また安定収入は収入面だけでなく勤続年数もポイントとなります。

 

一つの職場で長く働いていれば簡単には辞めませんから収入が安定していると一つの目安になります。

 

最低でも半年以上アルバイトを続けていないと審査に通るのは難しいでしょう。

 

 

 

学生だからといってカードローンの利用を諦める必要はありません。

 

中には学生は不利だからと言って虚偽の申し込みをされる方もいますが、これは絶対に止めましょう。

 

審査で嘘の申告はほぼ間違いなくバレますので、バレた時点で審査落ちとなります。

 

下手すればブラック入りして当分の間借り入れできなくなるリスクがありますので、正直に申告しましょう。

 

 

 

ちば銀行カードローンの申し込み条件には年齢は20歳以上と記載されています。

 

つまり18歳、19歳の未成年の学生は利用不可ということになります。

 

これは仮に働いて収入のある社会人であったとしても同じことがいえます。

 

 

 

未成年はお金を借りてはいけない法律があると思っている方も多いですが、現実にそんな法律はないのです。

 

金融業者によっては親権者の同意を得ることが出来れば貸付OKなところもあります。

 

しかし現実には未成年の学生がお金を借りるのは難しいです。

 

 

 

その理由は未成年者への貸付は金融業者にとってリスクが高すぎるからです。

 

未成年者には、未成年者契約の取消権という法律があるのをご存知でしょうか?

 

これは未成年者によるカードローンやキャッシングのトラブルを防ぐために設けられた法律です。

 

 

 

この権利を行使すれば、仮にお金を借りる契約をしてしまったとしても後から契約そのものを取り消すことが出来るのです。

 

要するに未成年者の契約は合法的になかった事にできるということです。

 

契約を取り消せば、利息が発生することはありません。

 

そして借りたお金を使ってしまったとしても返還する必要はないのです。

 

 

 

金融業者からすればはた迷惑な権利としか言いようがありませんが、何故未成年者契約の取り返しが可能化のでしょうか?

 

理由は単純明快で、未成年と知っていてお金を貸してしまった業者側に責任があるからです。

 

未成年者が勝手に行った契約ですから親に返済義務も生じません。

 

未成年者と契約すること自体が法律に反する行為ですから、契約した業者に問題があるとされているのです。

 

そして法律違反という状態を元に戻すということなのです。

 

このようなリスクがあるため千葉銀行だけでなく殆どの金融機関では未成年者への貸付は行っていません。

 

 

 

金融機関からお金を借りると言う行為は完全に自己責任となります。

 

自分の収入でどの程度の金額なら無理なく返済できるか、これを自分で計画を立てて利用しなければいけません。

 

しかし未成年者の場合、働いて収入があっても自己責任に対する意識が低いと判断されてしまいます。

 

中には未成年者でも借り入れOKと謳っている業者もありますが、悪徳業者の可能性が高いですから手を出さないことです。

page top