オリックス銀行のメリットと即日審査のシステム

オリックス銀行カードローン

 

オリックス銀行は、金利が安く大手銀行ならではの安心感が魅力の銀行カードローンです。

 

オリックス銀行カードローンの特徴
金利:1.7%から17.8% オリックス銀行は低金利!
利用限度額:最高800万円
提携ATM利用手数料:無料
月々の最低返済額(借入額30万円以下の時):7000円
おまとめキャッシングローン、借り換えもOK
原則300万以下のキャッシングなら所得証明書必要なし
オリ銀が利用可能となる銀行:三井住友銀行 ゆうちょ銀行 セブン銀行 E-net LANs イオン銀行 三菱UFJ銀行 西日本シティ銀行

 

オリックス銀行のメリットと即日審査のシステム

 

金融会社から借りている方は、たまにうっかりと忘れてしまっている事があります。

 

借りた以上はもちろん返す必要があるのですが、それには締め切りが決まっているのですね。

 

もちろん締め切りを守る必要があるのですが、人間たまにうっかり忘れてしまう事もある訳です。

 

ちなみに今から4ヶ月くらい前に、ある方がオリックス銀行カードローンで申込をしました。

 

そしてオリックス銀行の場合は、上記のうっかり忘れに関するメリットがあります。

 

実はオリックス銀行から借りる前に別の金融会社とお付き合いがあったようです。

 

そしてその金融会社の場合は、自動引き落としというシステムがなかったのですね。

 

あくまでも自分からアクションを起こして、決められた締め切りまでに返さなければならなかったそうです。

 

そして上記の方は何回かうっかり忘れそうになって、ちょっと焦ってしまった事があったようです。

 

ところがその方はオリックス銀行に変えてから、忘れることが無くなったようですね。

 

なぜならオリックス銀行では、決まった日に自動的に引き落としが行われるからです。

 

自動的ならばうっかり忘れのリスクも低いので、とても使いやすいですね。

 

つまり金融会社の中には、自動引き落としが難しい所もある訳です。

 

その自動システムが利用できるのが、オリックス銀行の魅力の1つと言えるでしょう。

 

会費が無料なのにメリットを感じてオリックス銀行で申し込んだ

 

金融業者というのは、しばしばカードを発行しています。それを用いると借りる事ができる訳ですが、

 

実はカードによっては会費がかかる事があります。一部の方にとっては、それはデメリットでもあるのですね。

 

ところで今から数ヶ月位前に、ある方がオリックス銀行のカードローンを利用する事にしました。

 

ちょっと冠婚葬祭で資金が必要になったのでその銀行に申し込みをしたのですが、

 

その方は上記の会費に関わるメリットを感じていらっしゃるそうです。なぜならその銀行の場合は、会費が無いからです。

 

実はその方は、オリックス銀行で申込をする前に色々な会社の比較をしていたのです。

 

そして様々な金融会社は、この銀行と同じくカード商品を提供している事を知ったようですね。

 

ところが金融会社によっては、会費が有料になっていると分かったようです。

 

上記の方としては、あまり会費を支払いたくないと思っていたのですね。

 

ところでオリックス銀行の場合は、前述のように会費が無料になっている訳です。

 

無料で利用する事ができるならばコストを抑えられると思い、申込をしていたようですね。

 

つまりオリックス銀行のキャッシングカードを発行しようと考えている方は、費用を重視している事もあるのでしょうか。

 

コストを抑えて利用する事ができるのが、その銀行のメリットの1つと考えられますね。

 

オリックス銀行カードローン審査落ちする人の特徴 審査基準と注意点をチェック

 

オリックス銀行カードローンの審査落ちする人の特徴としては、まず第一に多重申し込みをしている人が挙げられます。

 

どこでもよいのでとにかくお金を貸してくれる所を探したいと考えた場合に、何社も同時に申し込みをしてしまう人もいるかもしれません。

 

複数の審査を受けることでどこかしらお金を貸してくれるところがあるかもしれないと考えることでしょう。しかしどこの企業であっても審査時間については即回答するところはなく、どんなに早い消費者金融であっても30分程度の時間を要します。

 

審査を待つ時間を無駄にしないようにと、立て続けにたくさんの業者に申込み行ってしまうかもしれません。

 

しかしこのような多重申し込みはどの企業にも良い印象を与えず、そのほかにも複数の審査を受けているような人とは年収や借入に問題がなかったとしても、審査については落とす可能性が高くなります。

 

特に銀行や大手の消費者金融になればなるほど、多重申し込みを行う人に対しては見方が厳しくなるでしょう。そのためオリックス銀行カードローンで融資を受けたいのであれば、そのほかへの申し込みは避けるべきです。

 

そして返済ができていない状態で、オリックス銀行カードローンに申し込みをする人も審査落ちしやすいと言えるでしょう。

 

キャッシングやカードローン、クレジットカードの利用などがあり、返済期日を過ぎているのにもかかわらず支払いをしていなかったり、返済金額の不足入金をしているような状態では、オリックス銀行カードローンをはじめとする多くの業者では審査に通過できなくなります。

 

現状での返済ができていないのに、新たにオリックス銀行カードローンに貸してほしいといったとしても、スムーズな支払いができる可能性は難しく、返済能力を疑って審査に通過することはできなくなってしまいます。

 

借りたお金を返済に充てて遅れを解消しようと考えてもなかなか難しいため、返済がしっかりできる状態に限り申し込みを行うことが大切です。

 

オリックス銀行カードローンの申し込みとしては、基本的に満20歳以上満69歳未満であり、継続的な安定した収入を持っていれば申し込みをすることは可能です。特に年収などの指定もなされていないので、収入が低いからといって審査に落ちるとも限りません。

 

雇用形態の指定もないため、アルバイトやパートなどの非正規社員の人であっても申し込みは可能となります。

 

専業主婦や外国籍の人でも申し込みができるので、幅広い層に対応しているカードローンと言えます。オリックス銀行カードローンに申し込みを行う際の注意点としては、まず最初に限度額を低めに設定しておくということです。

 

審査に通りたいのであれば、希望限度額はなるべく低めに設定しておいた方がよいでしょう。オリックス銀行カードローンの限度額は最高800万円までとなっていますが、限度額が高くなれば高くなるほど、オリックス銀行にとっては貸付リスクが高くなります。

 

それに伴い審査基準も厳しくなるといえます。反対に希望限度額が低いのであれば、オリックス銀行にとってはリスクが低くなるため、融資は受けやすいと言えるでしょう。確実に融資を受けたいと考えるのであれば、必要最低限の借り入れにし、希望限度額をできる限り低く設定しましょう。

 

そして収入証明書を提出することで、正確な年収を伝えることができるので、信用度も高まります。審査に通る確率をあげたいのであれば、収入証明書の提出も検討しましょう。

 

そして一番大切なのは他社の借り入れをなくすということです。他社の借り入れがある場合には、オリックス銀行としては返済できなくなるリスクが高くなるため、審査には通りにくくなるでしょう。

 

すでにほかの銀行や消費者金融などから借り入れを行っている場合には、ほかの金融機関を利用し他社の借り入れはなくしておくようにしましょう。

 

クレジットカードのキャッシングについても他社の借り入れに数えられてしまうため注意が必要です。

 

そして最後の注意点は不要なクレジットカードは解約しておくということです。

 

カードローンの審査において、クレジットカードの利用状況も確認されることになります。

 

オリックス銀行の保証会社は新生フィナンシャル株式会社やオリックス・クレジット株式会社になりますが、これらはクレジットカード会社の信用情報機関にも加盟しています。

 

そのため使っていないクレジットカードを何枚も持っている場合には、今後借金する可能性が高いと判断が出る可能性もあります。特にキャッシング枠がついているクレジットカードについては、消費者金融を利用しているのと同じ扱いとなってしまうので、不要なものはすべて解約しておきましょう。

 

最後にオリックス銀行カードローンでは、審査結果が出るまでに数日がかかるといわれています。また審査に通過したとしても発行されたカードが自宅に届かなければ融資を受けることができないので、あらかじめ融資を受けられるまでには時間がかかることを頭に入れておきましょう。