横浜銀行カードローンでお金借りる 銀行カードローンでキャッシングした金額の返済

 

 

金利 1.9%−14.6%
横浜銀行の借入限度額 10−1000万
ATM利用手数料無料 ※一部ATMを除きます
来店不要でWEB完結
PC、スマホで24時間申し込み可能

 

横浜銀行

 

 

 

横浜銀行カードローンでお金借りる 銀行カードローンでキャッシングした金額の返済

 

横浜銀行カードローンを利用したいと思った際に、審査にどれくらいの時間がかかるのかということは誰もが気になるところです。

 

横浜銀行カードローンでは、最短では当日中に審査結果がわかります。

 

他の地方銀行の場合には最短でも翌営業日というところが多いですが、早ければ当日中に審査結果が分かるということは非常にありがたいことでしょう。

 

しかし一つ注意が必要なところがあり、それは遅くとも午前中までには申し込み手続きを終わらせなければならないということです。

 

どんなに審査が早かったとしても1時間はかかるとみておいた方がよいでしょう。

 

大型連休や長期休暇が近い繁忙期にあたってしまうと、たとえ午前中に申し込みを終えたとしても、翌営業日以降に審査結果が分かるという可能性も少なくありません。

 

閑散期であれば1時間から3時間前後、通常期であれば翌営業、繁忙期にあたると2営業日以上になる可能性があります。

 

これらはあくまでも目安ですが、閑散期であったとしても申し込みがたて込むことも考えられるため、できる限り申し込みは早めに終わらせる必要があります。

 

 

消費者金融などのキャッシングは最短30分で審査が終わるなどとうたっているところが多いですが、横浜銀行の場合には、どんなに早くても1時間はかかることがわかります。消費者金融とは異なり時間がかかる理由としては、保証会社が間に入るということが挙げられます。

 

横浜銀行カードローンの場合には別の保証会社が審査と督促作業を行っています。

 

横浜銀行カードローンの場合には保証会社が出した審査結果をもとに、自社の基準にのっとって検討する必要があります。このように外注が入る会社となるため審査のスピードにも差が出るということがわかります。

 

銀行のカードローンであっても消費者金融のカードローンであっても、審査が行われる過程で勤務先への在籍確認が行われることになります。横浜銀行カードローンでは勤務先への在籍確認を回避することはできません。

 

在籍確認の電話が会社に入ると困るという人や、職場が休みでその日は在籍確認ができないという場合には当日の審査は難しいでしょう。

 

このような場合には横浜銀行カードローンでお金を借りることができなくなってしまうため、電話連絡なしでも借りられる消費者金融や銀行カードローンを選んだほうがよいということになります。この件に関しては横浜銀行カードローンに限った話ではありません。

 

どこのキャッシングを使ったとしても審査の際に在籍確認をするスタッフはこのような電話のやり取りを行うプロであり、在籍確認以外にも電話のやり取りによってすべてが決まってしまう仕事を毎日こなしている人たちです。

 

このようなスタッフの人たちは上手に言葉を使いこなしているため、上手に工夫して職場にばれないように電話をしてくれるため非常に安心です。

 

だれもがキャッシングを利用する際には会社にばれたくないと思っているはずですが、この点に関しては横浜銀行に限らずほかの銀行カードローンや消費者金融であっても、どこでも安心だと言えるでしょう。

 

在籍確認も無事に終わって審査に通過できると、横浜銀行カードローンの審査結果は電話で通達されることになります。もしも家族などにばれたくないと思っている場合に自宅に電話がかかってくると、気まずい思いをする可能性もあるため、もしも見慣れない電話番号から電話がかかってきた場合は、その場を離れるなどの対策をとる必要があります。

 

また審査結果の通達だけではなく、申し込みを行った後にはそのほかにも電話がかかってくる可能性もあります。例えば申し込み内容に不備があった場合には、確認するために電話がかかってくることでしょう。

 

電話がかかってきた際に仕事中などの理由によって、電話に出られないこともあるかもしれません。もしも電話に出られなかった場合に、その分融資を受けるまでの時間が遅くなってしまうのかと心配する人もいるかもしれませんが、これは仕方がないことといえます。

 

基本的には申込者本人による了承がなければ、審査の工程は進展することはありません。そのため電話を受けられずにいればいるほど、審査は遅延することになってしまいます。万が一電話を取り逃してしまった場合には、できる限り迅速に折り返した方がよいといえます。

 

中には横浜銀行カードローンに申し込みを行ってから、2営業日以上たったとしてもまだ電話がかかってこないという人も多く見られます。

 

この場合審査に時間がかかっているのか、それとも他に理由があるのかと悩むことになるでしょう。もしも申し込みから3営業日が経過している場合には高い確率で審査に落ちていると思ってよいでしょう。

 

大型連休前や決算期などの繁忙期に申し込みを行った場合には、検査にかなりの時間を要する可能性もありますが、傾向としては3営業日以上がたっている場合には審査を時の可能性が高いといえます。

 

審査落ちの可能性が高いのであれば、待っていてもしょうがないので違う銀行カードローンや消費者金融に申し込みをしたいと思うかもしれませんが、これは絶対におすすめできません。

 

 

銀行カードローン、消費者金融でキャッシングした金額の返済

 

横浜銀行カードローンでお金借りる 銀行カードローンでキャッシングした金額の返済

急にお金が必要になってキャッシングを使ったけれど、返済に行き詰まってしまったという体験談を耳にします。

 

どんなことに注意をしながら、キャッシングの返済のめどをつけるべきなのでしょうか。

 

完済までのシミュレーションをしながら、どうやって借りたお金を返していくかを検討しましょう。

 

借入金や金利を入力すると、完済までのシミュレーションをしてくれるサイトが、多くのキャッシングサイトにあります。

 

完済までの見通しを立てて、間違いなく返済できる金額だけを借りるようにします。

 

のことを考えて、何にお金が必要になるかを洗い出しておきましょう。

 

わかっていれば対策ができますが、うっかり忘れていた出費のせいで返済が滞ってしまったは問題です。

 

借りたお金を返す時には、月々の返済金額が生活費をひっ迫させることがないように、無理なくプランニングをすることが大事です。

 

毎月の生活に必要な費用を減らして、キャッシングの返済にあてていると、食費や光熱費などに支払うお金がなくなってしまいます。

 

何らかの問題が発生して、現金を用立てなければいけなくなった時は、払えるお金がなくて困ってしまうでしょう。

 

返済に回すお金もなく、生活費も足りないから!

 

だからと言って、違うキャッシング会社から再度お金を借りていると、借金がふくらんで取り返しのつかない状況になります。

 

いわゆる、多重債務という状態です。

 

体を壊したり、交通事故に見舞われたりすれば、どうしてもお金が必要になります。

 

未来のことを察知することは不可能ですし、対策できないこともあります。

 

キャッシングを利用する時には、ぎりぎりの返済計画にならないようにしましょう。

 

思いがけない事態が起きても、何とかできるようにしておきたいものです。

 

返済シミュレーション キャッシング返済と金利をしっかり把握

 

キャッシングの返済プランを作る時には、

 

お金を借りる際の金利についてもよく検討しなければいけません。

 

金利は各金融会社が個別に設定するものです。

 

借りたお金にどのくらいの利息をつけて返済するのかを決めるのです。

 

高い金利で融資を受けていると、支払わなければならない利息が高くなってしまいますので、要注意です。

 

横浜銀行カードローンでお金借りる 銀行カードローンでキャッシングした金額の返済

借りたお金を返す時には、基本的には、利息をつけなければいけません。

 

利息は、金融会社が個別に決める金利をもとに、

 

消費者金融から借りたお金の金額と期間によって決まります。

 

キャッシングの貸付条件を吟味する時には、まず金利を確認するようにしましょう。

 

最近は、キャッシングにも使えるように審査がしてあるクレジットカードも存在しています。

 

キャッシング枠内の借り入れが可能ですが、一般的なキャッシングよりも高金利の傾向があります。

 

クレジットカードのキャッシング機能なら、いちいち金融会社を探す必要はありません。

 

今すぐお金が必要だという時は、即座にお金を借りることができます。

 

ですが、高金利の融資になりますので、返済請求をされた時に利息の高さに慌てるということもあります。

 

キャッシングで借りたお金を返済する日は、次のクレジットカードの支払い日です。

 

翌月25日払いのクレジットカードを、月の1日でキャッシング融資を受けたとします。

 

融資日から返済日までは54日間借り続けることになります。

 

54日ぶんの利息がつきますので、返済総額が予想外に高くなることがあるわけです。

 

いつまでに、いくらの返済をすることになるのかをきちんと確認してから、

 

無理なく返せる金額な内でキャッシングをすることが大事です。

 

キャッシング返済とリボ払いについて

 

近年では、キャッシング融資を受けた時の返済の仕方にも様々なものがあります。

 

以前までは、カード決済をした時は、翌日の精算日にまとめてお金が引き落とされるという方法が用いられていました。

 

返済時に負担がかかりすぎないように、

 

リボ払いや分割払いに対応しているカードも多くなっており、気軽に利用できるようになっています。

 

高い買い物をした場合でも、リボ払いでの返済であれば、返済がしやすく、安心して利用できます。

 

月々返済するお金はどのくらいにしたいかを、リボ払いでは利用者が選ぶことができます。

 

1カ月当たりの返済する金額を少なくしておくことで、高額なカード決済をしていても返済ができます。

 

毎月一定金額を返済にあてるという方法なので、リボ払いは家計の調整がしやすくなる返済方法です。

 

月の予算のうち、返済にあてる金額を毎月同額にできるために、家計のコントロールが容易になります。

 

リボ払いは便利なシステムできる反面、欠点もあります。完済での期間が長引くと、利息が高くなってしまうというものです。

 

借りたお金を次の月にまとめて返済するのであれば、借入期間はい1カ月程度で、利息もあまり増えません。

 

リボ払いでは、1カ月当たりの返済金を低く抑えていると、

 

完済までに何カ月もかかってしまいますので、そのぶん利息がつき続けるのです。

 

リボ払いで返済をしている間は、毎月の返済が楽にできるために、つい軽い気持ちでどんどんとカード決済をしてしまうことがあります。

 

常日頃からキャッシング機能でのカード決済をしていると、借金という気持ちが徐々に薄れてきて、軽い気持ちで利用するようになります。

 

リボ払いの特質を理解してキャッシングを利用することで、リボ払いのいい点を引き出し、便利に使うことができるようになります。

 

消費者金融でお金を借りる際に気を付けたいこと 複数申し込みは不可

 

消費者金融は、個人に対して小口の融資を行う金融機関のことを言います。

 

銀行とは異なり、預金や為替などの業務を行っておらず、適応されてる法律も異なってきます。銀行は銀行法という法律の管轄で、消費者金融は融資会社がメインになっていることから貸金業という法律が適応されます。

 

同じ小口の融資であったとしても、銀行のカードローンと消費者金融のカードローンでは扱いが違います。

 

大きな違いとしては、個人に対して消費者金融では無担保で借りることができ、借りやすくなっているということが挙げられます。

 

また、最短で1日で審査が終わるなど融資までのスピードも早いという特徴があります。当然借りるときには審査が必要となってきますが、審査基準は銀行に比べて甘く設定されています。

 

具体的には最低基準である20歳以上で安定収入があるという条件が満たされていれば申し込んだその日に融資も可能となっています。

 

しかし、甘い条件にはなっていますが、借りる際にはいくつか気をつけたいことがあります。

 

 

その一つが複数申し込みは不可となっているということです。

 

金融会社に融資を申し込んで断られるというのは、思いの外ショックというケースが多くあります。審査に費やした時間や借りた後の行動や予定などが狂ってしまうからです。

 

そして何よりまた別の会社に申し込まなければならない、という面倒臭さがあります。

 

その面倒臭さを改善するために断られたときのことを考えて、同時に2件や3件申し込んでしまう人も珍しいですがいます。

 

2件ほどなら問題はありませんが、4件以上の申し込みは断られる可能性が高くなってしまいます。

 

高くなる理由としては、融資を受けるときに重要なのが信用情報だからです。

 

融資審査を行うときに貸金業法が改正されたときに全ての信用情報は「指定信用情報機関CICとJICC」で調べる必要があります。

 

この二つの信用情報機関の情報は交流させており、融資会社だけではなく、信販会社もクレジットカード会社も必ず調査することが法律で決められています。

 

申し込みがあった場合には、必ず申し込みがあった情報を登録することが決められており、リアルタイムでその情報は共有されます。通常融資の申し込みがあり、信用情報を上げた場合には申し込み情報はないのが普通です。

 

通常の人は借り入れる時に1社しか申し込みをせず、不安な人でも2社程度の申し込みになります。

 

しかし、同日に4件もの申し込みがあった場合には、当然融資する側は申し込んだ人に対して不信感を抱きます。

 

融資融資の申し込み情報はリラルタイムで更新されますが、融資を行ったどうかは貸し付けた金融機関が報告します。

 

多くの場合金融機関は翌日に報告しますが、同日に複数申し込まれていると融資を受けたのか断られたのか、審査側にはわからないようになっています。

 

審査時に申し込んだ人に対しては複数申し込んでいますが、融資は何件受けられたのかと確認されると思います。融資に通りたいからと、断られたと申告する人は多いです。

 

このような話から審査側は、申し込んだ人に対しては信用しないのが鉄則となっています。

 

法律では、金融機関側が年収の1/3以上の貸し付けをしてしまうと法律違反となってしまいます。つまり、融資はされていないと申し込み側が申告したとしても、審査側は嘘か本当かを判断できない状態です。

 

申し込み側が嘘をついていることを想定して、断る方が法律違反にはならないと考えるため融資を断ります。

 

審査側にしてみれば、信用していない借り入れ側に貸して法律違反をするリスクを背負う必要がないのです。

 

また、複数の申し込みをするということは、それだけ借り入れ側が切羽詰まっているとということでもあります。

 

どうして大金が緊急に必要になった理由が、リスクにつながる可能性が考えられるため審査に落とされます。

 

通常大金が急に必要となった場合には、親兄弟、親戚などに頼ることが一般的です。

 

頼れる人のいない状態で貸したお金を逃亡資金として融資が使われてしまえば、借倒のリスクがあるとして断ることにつながります。

 

また、複数を申し込んだことが理由ではなく、単に信用が低すぎて借りられないということも考えられます。

 

 

 

同日でなければ複数申し込みは可能ではないか、という考えを持つ人もいると思います。

 

こちらの方が、融資を受けられる可能性が高いとされています。

 

2件申し込みをしたのが1週間前だとしたら、融資を受けているかいないかは信用情報を見ることでわかります。

 

情報を見れば融資が断れているのがわかり、もう1件も融資したのがどうかが問題になってきます。

 

融資を受けていなければ、問題なく融資できるかどうかを審査することができます。

 

融資を断られてしまう理由は様々なことが挙げられます。

 

断られてしまうことを前提に複数申し込むのでなく。1社だけに絞って申し込んだ方が審査が通る可能性が高くなります。