自動車ローン在籍確認なしで審査通る? キャッシング審査情報

自動車ローン在籍確認なしで審査通る? キャッシング審査情報

 

自動車を購入するときに自動車ローンを利用するという人は少なくありません。

 

100万円単位の高額な買い物になりますし、カーナビやタイヤなどのオプションをつけたりして、

 

予算よりもオーバーするというケースも少なくないためです。

 

需要が高いだけあって、マイカーローンは車のディーラーだけでなく、消費者金融や銀行系、信販系会社など様々なところで取り扱っています。

 

そのため、金利の低いところや審査に通りやすいところなど、自分の希望にそった、条件の良いところを探すことで車を買いやすくなります。

 

自動車ローンの申し込み方法は、キャッシング等の申し込みとそれほど大きな違いはありません。

 

利用したい金融機関に審査の申し込みを行い、必要書類を記入したり、本人確認書類などの書類を提出します。

 

ディーラーでローンを組む場合には、他の金融機関と比べて金利が高くなる傾向にあり、所有権もディーラーやローン会社のものになります。

 

ローンを完済し終えてから名義を変更する形になりますので、注意が必要です。

 

反面、ディーラーは車を一台でも多く販売したいという思いがありますので、

 

ローンの審査自体は通りやすくなっており、金融機関で断られた場合でも借り入れができる可能性があります。

 

注意したいのは過去に金融事故を起こした人で、この場合には審査に通りやすいといわれるディーラーのローンであっても、断られることがほとんどです。

 

金融機関で借り入れをする場合には、審査は厳しくなりますが、金利は一般的にディーラーのものよりも低くなっています。

 

また、所有権は借り入れをした本人のものになっていますが、それはあくまでも車検証の記載のみであり、勝手に処分することは禁じられています。

 

融資はディーラーに振り込みを直接行うのが一般的で、購入後は契約書や車検証などを提出する必要があります。

 

このように、借入先によってローンの内容も若干異なってきます。

 

手続きに関しては、申し込みを受理したローン会社や金融機関が在籍確認の電話を職場にかけたり、

 

個人の信用情報を調査したり、申込書類や本人確認書類をチェックします。

 

これらの審査に通ったら、正式に契約書を交わして融資を受けるという流れになっています。

 

利用する人の中には、この中の在籍確認の電話をできれば避けたいという人もいますが、

 

職場に本当に勤務しているかどうかは融資を行う金融機関にとっても確認したいポイントですので、ほぼ行われると考えておいた方がよいでしょう。

 

どうしても在籍確認を省略してほしい場合には、対応してくれる金融機関をまず探してみましょう。

 

金融機関の中には、勤続年数が長い人などを対象に、電話連絡を省略するところもあります。

 

その場合、きちんとその会社に勤務していることを証明するために、保険証などの提出を求められることがあります。

 

また、同じ金融機関で2回目のローンを組むときなども、在籍確認が省略されることがあります。

 

原則在籍確認を行う金融機関の場合には、できるだけ省略してほしいと依頼することで、柔軟に対応してもらえることがあります。

 

一般的に、在籍確認の電話は本人がその職場に勤務しているかどうかを確認するだけのものですので、

 

金融機関名で名乗ることはせず、担当者個人の名前などでかかってきます。

 

本人につながっても確認だけですぐに切れますので、時間はかかりません。

 

また、本人不在の場合でも、居ることが確認できれば良いとされていますので、かけなおされることはありません。

 

在籍確認を拒否する申込者の場合には、本人につながる前に理由をつけて電話を切るなどで対応してもらえますので、

 

職場に借り入れの申し込みをしたことが知られることはまずありません。

 

ただし、どうしても在籍確認が嫌という方は、こちらの在籍確認なしカードローンを参考にしてみてください。

 

【在籍確認なしカードローン】一覧

 

プロミスの在籍確認情報

 

アイフルの在籍確認情報

 

アコムの在籍確認情報

 

 

自動車ローンの在籍確認は勤務先に連絡来る?カードローンとどう違うか

 

ローンを組む時に必ずといっていいほど行われるのが在籍確認になりますが、自動車ローンでも勤務先に在籍確認の連絡は行われるのでしょうか。

 

よく銀行カードローンや消費者金融のキャッシングで在籍確認があるかどうかといった話題がありますが、これは自動車ローンの場合も同様になります。

 

書面上の審査を終えた後に必ず行なわれる最終的な審査と確認になりますので、ほぼ必須条件だと考えていた方が良いです。

 

自動車ローンの種類によっては事前に在籍確認を行なうと明記しているものもあります。

 

カードローンやキャッシングにしか在籍確認はされないものと勘違いしている方もいますので、しっかりと記載されています。

 

例えば、りそな銀行のマイカーローンは説明欄で「別途、ご契約手続きの前にお勤め先へ在籍確認のお電話をさせていただきます。」と書かれていますから勤務先に連絡が来るのは確実だと言えます。

 

ほぼ在籍確認はされると考えていいのですが、条件や金融機関によっては在籍確認を省くケースがあります。

 

しかし、在籍確認が行われる事を想定しておいた方が無難ですし、どうしても気になるという方は事前に問い合わせをして聞いておいた方が良いでしょう。

 

もし在籍確認が行われた場合ですが、勤務先に連絡が来て本人が応対した場合は名前等聞かれて、働いている事が即分かりますのですぐに終了します。

 

慎重に確認を行なう金融機関もありますのでカードローンやキャッシングと違い、生年月日や住所といった詳細を聞いて書面と合致しているかの確認も行なう所もあるようです。

 

簡易的な質問をしたり、少し会話をしたりと、しっかりとした在籍確認が行われる事が稀にありまして、簡易的に行なう事が多いカードローンと大きく違う点と言えるでしょう。

 

在籍確認時に本人が不在のケースですが、なりすましの疑いが払拭できない、本当に働いているのか分からないという点で本人が応対するまで何度か確認はとり続けられる事があります。

 

これもカードローンやキャッシングと異なる点になりまして、カードローンだと本人が対応していなくても違う人の応対から申込者本人が働いていると推測して審査を通す事がほとんどになりますが、自動車ローンに関しましては金融機関によってはキッチリと本人が応対して在籍しているという事を確認しないと審査が通りません。

 

本人が絶対に電話を出るまでかけ直すという事はありませんが、それでも本人が出ない場合は本当に働いているのかと不審を疑いますから多くのケースが後日かけ直す事になります。
もちろん金融機関によっては違う人の対応で「外出中」「席を外している」と言われた場合は本人が出なくても在籍しているという事が推測して判断できるので、そのままOKにする事もありますけど、できるだけ本人が出ないといけません。

 

在籍確認で本人が出ないという事は「本当に在籍しているのか」「たまたま休みなのか」「長期休暇しているのか」といった風に相手は分かりませんから慎重になるのは仕方ないと言えます。

 

本人が会社の人に在籍確認の連絡が来ると伝えて、それが伝われば本人が出ないで済むというケースもあります。

 

しかし、職場環境や人間関係においてローンを利用する、融資を受けるといった事を周囲の方に伝えるのは非常に言いにくいです。

 

プライベートな事を知られたくないという方も多くいますので、本人確認はしないといけないけど個人のプライバシーをしっかりと守るという事も金融機関は徹底されています。

 

基本的には在籍確認の連絡でローン会社だとバレないようにしてくれますから周囲の方に分かる事はありません。

 

自動車ローンを申し込む方のなかには会社に連絡をして欲しくないからと別の場所に連絡して欲しいという要望をする方もいますけど、ほとんどのケースで断られます。

 

ですが、女性に連絡してほしい、男性に連絡してほしい、時間帯を指定したいといった事はできる可能性がありますので事前に相談をしておくと良いでしょう。

 

大きな企業や派遣会社だと代表電話番号を記載すると在籍確認の電話が上手く繋がらない事もありますから直通の電話番号や身近なものを伝えておくと周囲にバレにくくなり、都合がつきやすいです。

 

このように基本的な部分はカードローンと自動車ローンはほとんど同じになりますが、本人である事を確認する部分において正確に行なうとするケースが多いです。

 

本来は、しっかりと在籍確認する事の方が正しい事ですので面倒とは思わずに対応するようにしてください。

 

稀に在籍確認がないケースや簡易的に行われるケースもありますが、あくまでも条件や金融機関によって異なる事になりますから在籍確認はあるものだと思っておいた方が良いでしょう。

 

カードローンとは少しだけの違いになりますので、それほど気にする必要はありませんし、在籍確認の連絡は勤務先に来ますが数分で終わる事で配慮もしてくれますから周囲にバレる事はありません。