銀行系カードローン低金利でお金借りるには 消費者金融とどちらがいい?

銀行系カードローン低金利でお金借りるには 消費者金融とどちらがいい?

銀行系カードローン低金利でお金借りるには 消費者金融とどちらがいい?

個人の借り入れ総額が年収の3分の1までに制限されている総量規制という決まりがあるのは多くの人が知っていることです。

 

総量規制は、消費者金融や信販会社、クレジットカード系のカードローンに適用される規制であり、貸金業法の管轄になります。

 

総量規制については、いくつかの例外規則が存在します。

 

例えば、銀行法は、総量規制の対象から外されています。

 

つまり、同じカードローンにおいても、銀行系のカードローンについては、この総量規制の対象外になるのだそうです。

 

銀行系カードローンは、他の金融機関とは一線を画する部分が、さまざまあります。

 

銀行系カードローンの場合、他社より低い金利で、まとまったお金を借りることが可能になっています。

 

消費者金融系などと比較すると実質年率が低く抑えられているので、安心して利用できるようになっています。

 

また、やはり銀行が融資を取り扱っているという事で、安心感が強いと言えます。

 

低金利で、大口の融資が可能であり、

 

銀行という安心度合いの高いところが資本となっているという利点ばかりでなく、銀行系のカードローンは審査が厳しめです。

 

カードローンを申込した際の審査が厳しいからこそ、低金利で貸し出しが出来るという事です。

 

なので、銀行系カードローンを利用出来る人は限られています。

 

毎月コンスタントに収入を得ていて、これまでキャッシングを利用して返済を滞らせたなどの経験がない人であれば、

 

銀行系カードローンの審査も問題なく通るものと考えられます。

 

会社の判断によっては、別の会社かに返済を続けているキャッシングがあるという人でも、

 

銀行系カードローンを使うことができる可能性はあるといいます。

 

→ お金借りる勤務先電話確認なし

 

【当サイトオススメの銀行カードローン】

 

・千葉銀行カードローン

 

・16銀行カードローン

 

・Mrカードローン 住信SBI 

大口ローンを利用する場合の注意点

銀行系カードローン低金利でお金借りるには 消費者金融とどちらがいい?

全額きちんと返済できるような段取りをつけてから融資を受けることが、大口ローンをトラブルなく借りるためには必要です。

 

借りたお金は、確実に返さなければなりません。

 

ローンを利用する時の目安は、

 

月の返済金額が収入の2割から3割を越えないようにすることです。

 

借入金には、利息をつけて返済をする形が一般的なものになります。

 

利息は、元金と、金利と、期間によって決まります。借入期間が長いと、それだけ利息は増額されていきます。

 

金利が少しの差であっても、最終的な返済総額を見てみると大きな差になるので、借り入れ時の金利は特に注意しなければなりません。

 

金利が低いローンを選ぶことが大切ですが、金利が低くなればなるほど、ローン申込み時の審査条件が厳しくなる傾向があるのも事実です。

 

金利条件がいい大口ローンを使いたいとは誰でも思うものですが、

 

好条件のローンほど審査は厳しく、審査に通らなかったという人も大勢います。

 

融資を断られたら、次にどこの金融会社に申込みをするか、事前に調べておくと、大口のローンはスムーズに手続きができます。

 

必要なお金が決まっている場合、ローンの申込みをしたとしても、借りたい金額には足りないという事態も起こりえるようです。

 

利用限度額が借りたい金額に達しなかった場合、他の金融会社からも融資を受けて、ローンの金額を増やすことで、お金をつくるという方法になります。

 

複数の金融会社でローンを組んでお金を借りる場合には、

 

支払日や返済回数がひとつでは無くなるので、返済が滞ることが無いように注意しなければなりません。

 

ローン返済の管理が複雑になるので、なるべくお金を借りる金融会社は少なくするようにしたいものです。

 

大口ローンは、借り入れする金額が大きくなるので、返済期間も長くなります。もしも大口ローンを利用するならば、

 

何年か先のことまでも見通した上でのプランづくりが重要になります。